治療院の選び方

施術方法
施術案内
トップページヘもどる
症状改善例
アイコン
〜代替医療の必要性〜


代替医療とは、西洋医学に属さない全ての療法のことです。
整体・オステオパシー・カイロプラクティックも、その類に入ります。国によっても認識が違いますし、多種多様であり、まだまだ中身は玉石混淆。(気功・温熱・光線療法・指圧・鍼灸・漢方薬などなど…)

「西洋医学」は、病気の原因を取り除くための薬剤、症状を抑えるための薬剤や、手術を中心としたもので、急性疾患や感染症の治療に優れています。
これに対して、「代替医療」は、糖尿病・高血圧をはじめとする生活習慣病の慢性疾患、精神的・原因不明疾患に効果があるものが多く、自然治癒力の向上、病気の予防に有効なのも少なくありません。

 病院で施されている薬は、大半が反自然的であり、中には副作用をもたらすものがあります。患者様自身が自然食品など、食品から医療まで、自然を求めるようになったこと。次に、アレルギーや自己免疫不全に属する原因不明の疾病は、人間が本来持っている自然治癒力を抜きに語ることはできないこと。もう一つは予防医学の必要性が認識されてきた事実。これらが、代替医療が必要になった理由と考えられています。

「西洋医学」と「代替医療」とが、互いに長所短所を補い、治療の効率を上げる「統合医療」が今、再認識されています。






直線上に配置
〜オステオパシー、整体、カイロプラクティックについて〜

 オステオパシー(osteopathy)とは、1874年アメリカの軍事医アンドリューテイラースティルによって創始されました。日本では、カイロプラクティック、スポンディロセラピーと共に、三大手技療法として広まっていきました。
手技により、身体のあらゆる機能障害を改善し、自然治癒力を最大限に働かせる為に行う治療法で、”身体は一つのユニットである”という考えのもと、骨格、筋肉、神経、リンパ、内臓、頭蓋骨を検査し、身体のどこに健康を害する問題があるのかを診ていきます。

 整体は、今ではいろんな国のものが混ざっていますが、本来日本の古武道に伝わる手技が起源です。その名のとおり骨格のゆがみの矯正と、骨格筋の調整を手技でおこない、体のバランスを整える療法のことです。この方法しかない。と限定されるものではなく、整体院独自で違ってくると思います。

 カイロプラクティック(chiropractic)は、古代エジプトなどに伝承されてきた手の医術を、1895年アメリカのD・Dパーマーにより再構築され確立されました。背骨のより深いゆがみを調整することにより、神経の働きを正常にするのを目的としています。

 これらは、日本では民間資格の手技療法という点では共通しています。このことが、たまにひとくくりに表現されてしまう原因かもしれません。また、WHO国際基準、〜協会認定、などの肩書きを持っていても、日本ではまだ資格整備がされておらず、あくまで民間資格です。なので、保険診療は適用されず、自由診療となります。

一定の判断と治療行為も行いますが、判断を特定し、具体的な病名に結びつけたり、それを患者に告げる行為は医師法に触れますのでできません。 また、投薬はもちろん、薬の処方や服用についての指示も薬事法に触れるので、してはいけません。
もちろん、あんま・マッサージ・針行為もできません。
身体の調子がおかしい時、いろんな種類の治療院がたくさんあって、どこにいけばいいかわからない。と思われている方が多いと思います。

他にもご質問で多い、オステオパシーやカイロプラクティック、整体の違いの話、”整体院”と”整骨院”の違い、知っていてほしい相補・代替医療の話など、簡単ではありますがまとめていますので、治療院選びの参考に読んでいただければと思います。
アイコン
よくあるご質問
アイコン
アイコン
アイコン
トップ アイコン
治療院の選び方
直線上に配置
直線上に配置
直線上に配置
〜”整体院”と”整骨院”の違い〜


「医業」→医師が営む整形外科などの病院

「医業類似行為」→整骨院、整体院、オステオパシー、カイロプラクティック、あんま、針灸など

まず医業と、医業類似行為とあるのを知っていてください。
身体の調子がおかしかったらまず、医業である病院へ行って、画像検査など詳しい検査をしてもらいましょう。そこで、原因がわからなかったり、治らなかったりしたら、医業類似行為を考える。という順番が理想です。

整体院→民間資格で自由診療

整骨院→柔道整復師という国家資格で一部保険診療対象

●保険対象
原因のハッキリとした急な痛みや、ケガで、捻挫、打撲、肉離れ、骨折(医師の同意が必要)、脱臼のみ(医師の同意が必要)

保険対象外
慢性肩こり、腰痛、神経痛、スポーツによる筋肉痛、疲れ、マッサージなど症状改善のみられない長期施術は保険対象ではありません


大きな違いはこの2点です。

”○○カイロプラクティック””○○整体院””○○療術院”などの屋号を掲げて営むときは、民間資格で開業できてしまうので、玉石混淆です。
屋号も統一性はありませんので、どんなことをしているのか、初めにきちんと確認することが大切です。

”○○整骨院”という屋号を掲げて営むには、国家資格が必要ですが、資格保持者が治すための確かな手技を持っているかは定かではありません。
実際は、治すどころかリラクゼーション目的のマッサージをしているところも少なくありませんし、慢性肩こりや腰痛に保険診療を使うなどの
違法行為を行っているところも少なくありません。


     「すべての症状に保険がききます」
違法
     「保険が効くマッサージいかがですか?」
違法


と言っている整骨院は要注意です。






直線上に配置




〜治す目的の治療院の選び方〜


     ”肩こり改善コース、腰痛改善コースなど、症状別にコース設定をしている”
× 
     ”30分コース、60分コースなど時間で料金が違う” 
×
     ”「マッサージをしてもらえますか?」と聞くと、すぐに、「できます!」と答える”
×
     ”サプリメントなどの健康食品や、枕、敷きパッドなど物販に力をいれている”×
     

このようなところは、身体の状態をよく確認せずに、毎回ワンパターンな施術をしている可能性が高いです。
入店するとすぐにベッドに寝かせられていませんか?

治療系の施術院は、必ず「検査」をします。


また、
     「毎日きてください」
×
     「(期限なく)週一で通ってください」
×

などと言われるところも、本当に治そうとしているのか疑問です。


屋号や肩書きに惑わされず、どんなことをしているのか最初に確認して選ぶことが大切です